どのくらいの頻度でシャワーを浴びるべきですか?

信じるのは難しいですが、XIX世紀まではヨーロッパ人は1年に1〜2回しか洗わなかった。例えば、カスティーリャのスペイン人女王イザベラ1世は、生まれてから結婚式の日に2回しか入浴しないと主張しました。

今日、ヨーロッパとアメリカでは、シャワーは少なくとも1日2回服用されています。このルールから逸脱した人は、洗濯されていない野蛮人とみなされます。

しかし、それほど頻繁にシャワーを浴びることは、衛生面で必要なのでしょうか?結局のところ、昔からのロシアでは週に一度しか洗濯しなかった。

豚 – 進歩のエンジン

古代では純粋さのためだけでなく、それほど洗われませんでした。ローマの風呂は現代のSPAより劣っていませんでした:大理石、モザイク、床暖房、エッセンシャルオイル、異なる温度の水を入れた風呂。

中世では、洗濯は高価で面倒でした。巨大な木の桶であった風呂は、すべての城で見つけられませんでした。暖炉の上で温められた入浴用の水(多くの薪が残っています)。水は急速に冷めた。貴族たちは寒さを覚えるのを恐れていた。

しかし、主なものは – 中世で洗うことは罪深かったです。教会は信じていた:体は腐敗している、それを世話することは許されない、精神の純度について考える必要がある。さらに、身体の磨きは必然的にアダムとイブの “悪い”の後の裸さと関連しています – 恥と恥です。

健康な身体、特に年齢の若い人は、できるだけ稀に自分自身を洗い流してください。

聖ベネディクト

結果として、中世の病気(疥癬、赤痢、チフス、コレラ)の「花束」。シラミ、ノミ、ダニなどの寄生虫はよく見られますが、注意を払っていませんでした。

意外なことに、中世ヨーロッパの衛生防止はファッションを決め、科学を前進させました。例えば、14世紀には、幅広いベースと細いズボンを備えたブラジャーな下着がひどくファッショナブルになりました。傾向は、赤痢に苦しんでいたルイXによって設定された。

また、悪の舌は、有名なフランスの香水は、誘惑の目標、およびミュートの目的ではなかったこと…悪臭は紳士淑女から来たと言います。

汚い陰謀

ヨーロッパとは異なり、ロシアでは洗濯が好きだった。 11世紀の年代記には、「バス」、「石鹸」、「石鹸」、「モスニカ」という言葉があります。

ディーヴォ私はここで彼の方法でスラブの土地で見ました。私は木製の風呂の家を見て、強くそれらを加熱するために、そして服を脱ぎ裸こと、およびobolyutsyaのクワスなめし、およびほうきを取り、hvostat自分自身を開始し、自身がそれがやっと出て終了します前に、ちょうどライブとobolyutsya水のゼリー、とだけこのように生かされます。そして、彼らはすべての時間それを行う、誰もが苦しめられませんが、自分自身に苦痛をして、苦痛ではなく、自分自身の洗濯をしていません。 過ぎ去った年の物語

ほとんどすべての小屋には専用のバスがありました。それを黒で溺死させた。お風呂がなければ、ロシア製のストーブを浴びていました。ファイヤーボックスの後で、彼らは灰をきれいにし、ストローをふり、内部に登って蒸し、水やクワズを与えました。

都市には公衆浴場がありました。そして、1743年以前には、女性と男性が一緒に洗ったジェンダーの分裂はありませんでした。彼らの「サンドゥナ」は小さな地方の町でさえあった。

また、土曜日や偉大なキリスト教の休日の前に、自分や大浴場で、週に一度は洗濯してください。ここで、この伝統は今日まで続いています。

しかし、なぜ大衆文化は、私たちが一日に2回入浴すると主張しているのですか?

アメリカ人の65%が1日1回シャワーを浴びています。一日おきに21%; 10% – 週に一度; 4% – 1日に2回以上。 AOL Inc.のデータ 

シャワー、起床方法、仕事後のシャワー、就寝前のシャワー、訓練後のシャワー、店に行く前のシャワー。

社会学者Elizabeth Lancaster(Elizabeth Lancaster)によると、このような行動は社会に課せられている。

石鹸、シャンプー、コンディショナー、ローションなど様々な廃棄物を生産する化粧品会社はどうなるでしょうか?

シャワーは純粋さだけでなく明るさも与えることを忘れないでください。シャワーはリラックスするのに最適です。しかし、心理的な観点から、それはもっと何かを与える。社会では、 “油”の髪の毛がぎこちなく横になっています。あなたが洗うほど、あなたはより自信があります。

洗濯するか洗濯しないか – それは質問ですか?

最適で、精神的にも肉体的にもバランスの取れた人生に関する本の著者Sanjay Jain博士によれば、誰がいつ洗うべきか、どのくらいのルールを定めなければならないのか。

すべては、人の環境、生活習慣、および解剖学的特徴に依存する。あなたが湿度の高い気候の地域に住んでいる場合は、より多くの汚れがあなたの体に付着し、シャワーを頻繁に取る必要があります。

より多くの身体活動 – より多くの発汗、あなたが自分自身を洗う必要があることを意味します。

同時に、科学者 – 衛生士によると、石鹸を使う必要はありません。汗と匂いで、シンプルな水はうまくいくでしょう。結局のところ、歴史的に、ローマ語で言えば、ロシアの風呂では、水で洗っただけで清潔でした。

水は私たちの純粋な基盤です。

Sanjay Jane

温かくて短いシャワー、1日2回、ゲルとシャンプーを使用しないで、体の衛生の維持に対処します。結局のところ、そのほとんどは服に隠れているため、環境バクテリアへの暴露から保護されています。できるだけ頻繁に石けんで洗うことが推奨される体の唯一の部分は、手です。

あなたはシャワーを浴びる頻度はどれくらいですか?

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

31 − 27 =