毎日ケバスを飲む5つの理由

クバスは、もともとロシアの発明と見なされています。頑固な歴史家は古代エジプトでも同様の飲み物が酔っていたと主張していますが、私たちにとってはビザンチウムから来ました。ウクライナのバプテスマの後で、ウラジミール王子が「食べ物、蜂蜜、クワス」の配布を命じたとき、クヴァスの最初の記録に記載されています。

クヴァは本当にすべてを飲んだ。王から農民まで。後者は、ところで、フィールドに行くと、彼らは彼らとkvass kvassを取った。この飲み物は疲労を和らげ、強さを与え、さまざまな病気(壊血病、発熱、腹痛)に役立つと信じられていました。

オチャコヴォ
DmZo / Depositphotos.com

ソビエト時代には、クヴァスの生産は産業トラックに置かれました。したがって、20世紀末までに、村のクヴァスのレシピはほとんど失われました。甘いソーダはファッショナブルになっています。クヴァースを作るには労働に多大な労力が必要でした。

わずか20年前、何世紀も前のクヴァーの伝統が復活しました。だから、同社の技術者 “Ochakovo”は数十の村を旅し、文字通り少しずつクアソバールの技術を再現しました。その結果、Ochakovo研究所の専門家は、独自のスターターの秘密を解きほぐし、実際のロシアのクヴァースの生産を組織しました。

今すぐ店の棚には、クヴァースの巨大な選択です。しかし残念ながら、誰もがGOSTベースのkvassが重大さの違いはなく、多くのメーカーがそれを使用していることを知っているわけではありません。簡略化された技術に従ってクヴァークックを調理する:1つの酵母発酵。最終的にレモンまたは乳酸を添加することにより、所望の酸味が加えられる。

しかし、二重発酵のkvasのみが現在のものとみなすことができる。対応するマークは製品ラベルに記載されていなければなりません。

オチャコヴォ

また、先祖とは異なり、クヴァスが体にどのような影響を与えているか知る人はほとんどいません。毎日カンバスを飲む5つの理由があります。

1.クバスは腸の仕事を正常化する

XIX世紀の終わりにさえ、それに含まれる酸のおかげでクバスが植物食品の消化に成功することが証明されました。医者とkvass生産の所有者I.ヤコヴレフは1893年に次のように書いています。

荒い栄養食品と同時に、ロシア人は常にkvassを使います。植物やでんぷん食べ物には消化不能な物質がたくさん含まれていることは誰もが知っています。硬質繊維を基調としたクワズラフの野菜食品で調味すると、ロシアの人々は健康な食物臓器を持ち、めったに消化障害に苦しんでいます。

カンバスの基礎は麦芽と合流したパン種です。それは、乳酸菌(ケフィアのような)および特別に推定された純粋な酵母培養物を含む。二重発酵は、腸内の細菌叢を調節し消化を改善する天然の酸性環境を作り出します。

したがって、体に対するクバスの効果は、ケフィアとヨーグルトに似ています。それは代謝を活性化し、食物の同化と腸の迅速な放出を促進する。

消化はまた、カンバスに含まれる二酸化炭素によって促進される。それから、飲み物は泡立ち、それを飲む人の食欲を呼び起こす。

オチャコヴォ
英国/ Depositphotos.com

2.クヴァスはビタミン化とリフレッシュ

クバスの一部を形成する酵母の微生物は、グループBのビタミンの発達に寄与する。それらは、体内に蓄積することはほとんどなく、定期的に食物と共に来なければならない。

クバスはビタミンB1、B2、B3が豊富です。第1は、細胞の成長および発達ならびに心臓の正常な動作を維持するために必要である。リボフラビン(ビタミンB2)は皮膚、爪および髪の健康に必要であり、ニコチン酸(B3)は血管拡張特性を有し、神経系を保護する。

また、カンバスには、アスコルビン酸、ビタミンE、および多くの重要な微量元素(カルシウム、マグネシウム、リン)が含まれています。これらのすべての成分は、クヴァースを健康のカクテルとし、渇きを完全に消し去ります。

3.クバス – 栄養価の高い低カロリーの飲み物

昔、クヴァスはライ麦パンと大根と一緒に食べられました、それはokroshkuとbotvinyuから作られました。しかし、彼の作品の軍医のVS Sotnikovは、一般の人々のために、クヴァスはしばしば「唯一の食物」として役立ったと述べています。

肉で肉を食べることはできますが、そうではありません。

フォークのことわざ

飢えを満足させることができますか?しばらくの間、はい。結局のところ、この飲み物のエネルギー価値は主に炭水化物 – 77%です。同時に、クバスには脂肪が全くなく、その平均カロリー値は製品100gあたりわずか27kcalです。

白いキャンバスのカロリーはさらに少なくなります。彼らはokroshkiに理想的であると考えられています:unsweetened、完璧に野菜、肉、特別なokroshechnoyの味の味をオフに設定します。

オチャコヴォ

海外のソーダとは対照的に、砂糖の量がちょうどオフスケールである場合、あなたはその姿を見る人にさえクバスを飲むことができます。昼食前に長い間キュヴァのグラスを飲んだ方が優れた解決策です。

4.クヴァスはアルコールの渇望と戦う

12世紀まで、ロシアのクバスはビールよりも強く、アルコール飲料とみなされていました。しかし、その後、酔っていたクヴァス(「創造した」)と、通常の爽やかで酸味のある自然な方法とを区別し始めました。

ビンコは楽しい、そしてクヴァルは魂のために。

フォークのことわざ

今では、クヴァスのアルコールの含有量、特に工業生産は、原則として1%を超えず、文字通り30時間で体内から取り除かれます。すべての基準に従って調製された飲み物は、子供にとっても完全に安全です。ちなみに、子どもたちはいわゆるフルーツとベリー・クバスがおすすめです。彼らは、天然のリンゴジュースを甘味料として使用し、精製された砂糖は使用しません。

オチャコヴォ

kvassがビールや他のアルコール飲料の欲求を抑えることが注目されています。それらを置き換えない、すなわち「食欲」を中断する。 kvassの後、私は何もしたくない。したがって、あなたは車でパーティーに来て、夜の終わりに車の後ろに戻らなければならない、またはあなたはアルコールを飲みたくない、クバスを飲む。 ;)

5.クヴァスは単においしいです

ロシアのXV世紀には、パン、オクラシ、オオムギ、リンゴ、日中、ベリーなど多くの品種が500種類以上ありました。

モスクワでは、伝統的なロシアのドリンク博物館で、クヴァス、その特性と伝統に関するより興味深い事実を見つけることができます。エクスカーションはここで予約できます。

人々は2つのタイプに分かれています:いくつかの崇拝kvass、他の人は嫌いです。この飲み物には実質的に無関心ではありません。あなたが2番目のカテゴリに属していれば、おそらく、見つからなかったでしょう kvass。

会社 “Ochakovo”の品揃えでは、すべての好みのためのkvassがあります。

  • 「オチャコフスキー」は、甘く酸っぱい味とライ麦パンのクラストの心地よい香りを持つ、二重発酵の古典的な暗いカンバスです。爽快感、爽快感、渇きを抑え、強さを与える。
  • “家族の秘密”は、実際の村の白いkvassです。お好み焼きやクヴァスをベースにした料理にぴったりです。
  • Kvasenokは、特に子供向けの天然製品から作られた、ロシア市場で初めてのクヴァースです。

すべてのkvass!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 2 = 1