どのようなファーストフードが食べない方がいいですか?

答えは、それはシンプルです:誰でも!しかし、いろいろな理由で、ファストフードカフェでは時々スナックを食べることも理解できる。そして、それが何であるかを知ることは有益でしょうし、何らかの手段で避ける方が良いでしょう。これは、しばらくの間、ファーストフードチェーンで働いた人々によって言われました。もちろん、供給ネットワークの管理は重要な役割を果たします。カフェの中にはブランドを保持しているものもありますが、より多くの利益と簡単な作業のために、訪問者のためにひどく料理することはできませんが、多くの品質を犠牲にしません。

だから、ファーストフード施設で会うことができる最も危険な製品のリストがあります:

1.アイスとアイスクリーム

これらの皿をきれいにするための設備を清潔に保つことは非常に困難で費用もかかります。しばしばそこにはカビの痕跡を見つけることができます。氷は汚れた水から作られています。

2.マクドナルドのチキンマクナゲッツ

「私は長い間マクドナルドで働いていませんでしたが、私は1枚の写真を覚えています。私は間違いなくテーブル上に100本の凍結ナゲットを入れた袋を残しました。そして、彼らはただ溶けました!つまりまったく。口当たりの良いチキンピースを弱く思い起こさせる、何らかの粘液に変わりました。

“ナゲットは千倍の加工鶏肉ですが、肉に名前を付けることさえできません。水と添加剤を混ぜたもの。はい、イケアの家具のようです。それを水に入れておけば、それは木製のお粥に変わるでしょう。それが作られた材料は実際の鶏肉のナゲットのように本物の木から遠く離れているからです。

“これは2003年以前であると聞いた。そして今、普通の100%チキンホワイトミートのナゲット。以前と同じように、彼らは溶けていない」

3.フライドチキン、魚、肉

もちろん、読者は、このすべてがない場合、何も残らないことを合理的に反対することができます。ちょっと注意して、買ったハンバーガーが疑念を引き起こすならば、それを放棄してください。

「私はバーガーキングで働いていて、オイルサイクルについて何か教えたいと思っています。我々はバットに油を注ぎ、この油で2日間、フライドポテトを準備する。トンのジャガイモ。それはそれのためにあまりにも暗くなり、それはバットに鶏を作るために注がれます。それは約1週間用意されています。オイルはかなり暗くなります。そして、それを樽に注いで魚を作ります。 “

「マクダックでは、ハンバーガーの肉は嫌だ。ソースのみが食欲をそそる。

「おそらく、私がチリがウェンディで準備していることを教えれば誰も驚かないだろう。それはあまりにも揚げた肉を使い、ハンバーガーでは使用できません。彼は冷蔵庫に入れられ、チリを料理する時間が来たら、そこから出てください。それは危険ではないようだが、なんとなくそれほど食欲をそそらない… “

4.地下鉄で食べる

地下鉄で働いていた人たちは、この機関に行くとすぐに、今日何を注文できるのか、何がないのかを理解することができます。あなたと注意してください。製品に奇妙な色があり、古いと思われる場合は、サンドイッチメーカーが過失であるか、施設がゴミすぎると思われる場合は、一度に出す方が良いです。

「私が地下鉄でサンドイッチのマスターとして働いていたとき、私が喚起したのは、サンドイッチに置かれた魚介類のサラダという嫌な嫌悪感でした。それはあなたが知っているように、ちょうど模造カニであり、マヨネーズで寛大に服を着せられているカニのスティックでできています。それは、顧客が余分なマヨネーズを求めるときにも致命的です!

「鶏の胸は日の始めに冷蔵庫から出て、水に入れて一日中食べる。夕方に残ったものは凍らせて冷蔵庫に入れる必要があります。手順は翌日に繰り返されます。数日後、鶏の胸が柔らかくなり、嫌な臭いがする。だから、彼女とサンドイッチを注文しないで、別の種類のチキンを選んでください。

“マグロ、シーフードサラダ、チキンテリヤキのような他の混合物にいいえ!すべてこれは手袋なしで手に混じります。混合物にはマヨネーズがあり、それとサラダは一日中立つことができない、彼らは台無しになる。さらに、新しい混合物は古いものの残骸に加えられる。

「カツレツ、スープ、ミートボールから離れてください」

“あなたのサンドイッチを調理する前に、サンドイッチのマスターに手袋を交換するように依頼してください。おそらく、あなたは彼から憎しみの光を受け取りますが、それから微生物の良い部分を取り除くでしょう。

“私はサンドイッチにあまりにも多くのオリーブを入れて地下鉄から解雇された…”

5.ソース/調味料

ボトルにソースを持ってきたら、このボトルを洗ってから新しいソース部分を入れるかどうか考えてみてください。そして、彼らはまた、通常、イタリア料理店での褒め言葉として役立つパンスティックによって混乱しています。おそらく、前の訪問者が食べたくないスティックがあります。

ボーナスのヒント:閉じる前にカフェに行かないでください

閉める前の20分、例えばピザなどでは、新鮮な料理を用意することはまずありません。だから、あなたは買い物客を待っている残り物を終日宣言することしかできません。そして、彼らの味と有用性が真剣にこれから苦しんできたことは確かです。

結局、私たちは意図的にファーストフードについていくつかの肯定的なレビューを残しました。だから、すべてがあまりにも暗いことは理解できません。また、健康に害を与えずに食べる余裕もあります。

「私は小さな町のWhataburgerで働いていました。誰もが清潔さにこだわっていたと言いたいと思います。私たちは何日も洗濯、清掃、そして何かを掃除しました。

「私はリトル・シーザー・ピッツェリアで働いた。毎日、新鮮な生地をピザの12時間前に作りました(技術に従って)。有効期限が切れたすべてのソースおよび他の製品は廃棄された。私たちはピザトレイを洗うことはしませんでした。私たちはそれらを投げ捨て、新しいものを取りました。残りの料理は徹底的に処理されました。

「私が地下鉄で働いていた時、私たちは清潔さに非常に注意し、文字通り5分ごとに手を洗った」

あなたが食べたことのないファーストフードは個人的には何ですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 1 = 1