さまざまなオペレーティングシステムでアクセントとアクセントを入れる方法

Windows 10でアクセントとアクセントを入れる方法

画面上のキーボードを使用するのが最も効果的です。タッチスクリーン上で指で所望の母音を保持し、通常のマウスの上にマウスの左ボタンを置くだけで十分です。希望のシンボルを選択できる小さなメニューが表示されます。 Wordや他の多くのテキストエディタでは、アクセント記号、アクセント記号などの要素をいつでも使用できる特殊文字の表があります。

また、必要な文字の後にスペースを入れずにアクセントに0301を、アクセントに0300を書いてキーの組み合わせを押す必要がある場合もあります Alt + X. 2つの例:

  • 例えば→Alt + X→ロック。
  • ロック→Alt + X→ロック。

3番目の方法では、リージョンと言語セクションでUS-Internationalキーボードレイアウトを選択する必要があります。彼女がシンボルのキーボードを握っていると (Enterの左側のキー)を押して、希望の母音を押すと、すぐにストレスを感じることができます。同様に、そして強調して (ユニットの左側のキー)を押します。例:

  • `+ o→ò;
  • ‘+ O→ó。

MacOSでアクセントとアクセントを入れる方法

macOSでは、Windowsのスクリーンキーボードと同様に、英語のキーボードレイアウトでキーを押したまま、提案されている文字から目的の文字を選択するだけで対応する数字をクリックすることができます。この方法は、「オートリピートキー」スライダ(「システム設定」メニュー、「キーボード」パネル)が「オフ」に設定されていると機能しないことがあります。

また、英語のレイアウトでは、 Alt-Option と特定のキー: アクセントと e アクセント記号の場合。目的の文字を押すだけです。例:

  • Alt + Option + `+ u→ù;
  • Alt + Option + e + u→úをクリックします。

iOSにアクセントとアクセントを付ける方法

アップルガジェットでは、オンスクリーンキーボードのキーを押すと、目的の文字が選択されます。これは、標準キーボードと多数のサードパーティ製キーボードの両方に適用されます。

Androidにアクセント記号とアクセント記号を付ける方法

iOSの場合と同様に、目的の母音を保持し、示唆された母音から記号を選択するだけです。可能な文字の完全なリストは英語のレイアウトでのみ表示されます。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

− 3 = 4